車の必要性を感じるシチュエーションのひとつに、普段の通勤通学が挙げられます。バスや電車なども便利な存在ではあるものの、時間が決まっているというネックがあります。もし乗り遅れてしまうと次の便を待たなければいけませんし、これが地方となると時間の間隔も長めですので大変な実情があります。車ならタイムリーに移動を行うことができるのはもちろん、帰宅をする際にも、最終便を気にするなどの心配が不要です。自分の好きな時に移動ができるのは車ならではの良さでしょう。買い物をする時にも車は大活躍です。徒歩や自転車などでの買い物ですと、大量の買い出しは難しく、重たく大きな品物を買うことも躊躇してしまうはずです。そういった不便を解消できるのは車だけと言えます。どれだけ沢山の買い物をしても積み込むことができ、重たく大きなサイズの買い物も自由に楽しめるのです。買い物の仕方に制限がなくなることで普段の暮らしが快適になると共に、車があって良かったと心から感じられるでしょう。

育児や介護、病人の世話をしている時も必要性を感じやすい瞬間です。車がない場合は、例えば子供の調子が悪くなった際にも、緊急性がある時以外はタクシーやバスなどで移動をしなければいけません。一刻も早く病院へ行きたいものの、待ち時間が発生してしまうのは大きな不便や心配になり得ます。一方、車さえあればすぐにアクションを起こせます。実際、育児や介護などのために、運転免許を取ったり車を買ったりという人も多いですが、それだけ車があると便利に感じるということなのでしょう。