近年は車離れが進んでおり、嗜好品と呼ばれる機会も出てきました。しかし、これは首都圏に限った話で、地方ではまだまだ生活必需品として必須です。仕事へ行くにも公共交通機関が発達していない、周囲に働ける職場がないなどの理由により、車通勤圏内で働くことも珍しくありません。一方、プライベートでは買い物時に重たい荷物を乗せたり、ドライブへ出かけたりと生活に潤いを与えてくれます。もちろん維持費が掛かる分大変ですが、公私ともに良い相棒になっているのです。