現代の若者の中で、車離れが進んでいます。車を持つこと自体に大きなコストがかかってしまうということがその原因の中心にあるといえるでしょう。車自体を購入するときにお金がかかるということはもちろんですが、持ち続けていく段階でもかなりの負担がかかることになります。特に都心部などに住んでいると、駐車場の確保が大変で、車を持ちたくても持つことが出来ないという方も多くなっています。車に興味が無い人ばかりではなく、車のある暮らしを楽しみたくてもそれがかなわないという人もいるのが現状なのです。したがって、車が売れないというばかりではなく、様々な部分で経済的にマイナスの効果が生じていくことになり、その点は何とか改善していく必要があるでしょう。

そこで最近注目されている対策として、カーシェアリングという形が挙げられます。車を多くの人でシェアするという形で、必要な時だけ車を使うということができます。車を使いたいけれど自分で所有することが難しいという方もこうした形であれば必要に応じて使うことが出来ます。車を持つことは難しいと諦めていた方にとっては、大きなメリットといえるでしょう。さらに、車の楽しみ方が良くわからないという方にとっては、実際に利用してみることで、その良さを知るということにつながります。車を持つということはハードルが高くても、その前に車を使ってメリットを感じられれば、車を持ちたいと考える方も増えてくるはずです。