看護系の仕事は病院や介護施設での常駐勤務が一般的ですが、顧客の元に出向く訪問看護の仕事も増加しています。業務の性質上、自動車での移動が不可欠なことから、運転免許を事前に取得しておくことが訪問看護の仕事に就くための重要な条件です。また、施設での常駐勤務であっても地域によっては通勤方法が自動車に限定されることがあるので注意が必要です。運転免許を取得しておけば、急な用事で自動車の運転が必要になった際でも迅速に対処することが出来ます。施設の職員を送迎するケースもあることから、通勤に必要が無い状況であっても仕事を円滑に進めるために、運転免許を取得しておくのが良いでしょう。

看護系の仕事は運転免許とは無関係なイメージがありますが、勤務先の立地環境によっては必須になります。公共の交通機関が充実している都市部であっても、病院や介護施設の場所によっては自動車での通勤のほうが都合が良いこともあるためです。また、看護系の仕事も会社によっては転勤があるので労働環境が大きく変わることも珍しくありません。転勤によって通勤方法が限定されてしまうケースも多いことから、運転免許を取得しておけば通勤方法で悩む心配が無くなります。仕事で必要な物や機器などを運ばなければならないこともあるため、仕事の幅を広げる意味でも運転免許を持っておくのが社会人としての務めになります。会社によっては運転免許を持っていることが就業の条件になっている所もあるので、看護系の仕事に就きたい場合は事前の確認が必要です。